×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れの原因と対策

肌荒れとは、肌の水分が減ってかさかさになった状態のことです。肌荒れは、特に乾燥肌の人が冬になると悩まされる症状で、肌荒れはシミ・シワなどの別のトラブルの引き金になります。皮脂の量が少ないと肌荒れの原因となります。それは肌から水分が逃げやすくなり、細菌が繁殖しやすくなることによって、肌のうるおいがなくなるからです。
また精神的にストレスがかかると、肌がかさついたり、痒みが出たり、にきびができたりして肌荒れがおこることがあります。ストレスは免疫力を低下させたり、ホルモンバランスを乱すなどの影響をおよぼすので、それらが皮膚に影響して肌荒れがおこします。
さらにストレスによる不眠の症状や、食生活の乱れによって肌荒れが起こることもあります。
肌荒れ対策としては、洗顔をするときも、熱いお湯だけで皮膚の脂肪はかなり落ちてしまうので、ぬるま湯で顔を洗い、その後に水で顔を洗います。こうすると毛穴が引き締まり、肌の保湿効果がアップしますので、肌荒れ予防になるのです。

肌荒れ対策グッズ

肌荒れにはたくさんの種類があるので、その肌荒れによっても対策方法が違います。
例えば手荒れを防ぐには、水仕事のときにゴム手袋を使用するでしょう。ゴム手袋をする前に保湿クリームをぬり、さらに保湿用の手袋をはめ、それからゴム手袋をするようにすると、手荒れには大変効果があります。
またお風呂に入るときに、お湯に木酢液を入れると、これも肌の保湿に役立ちます。洗顔や、体を洗うときには、朝鮮人参石けんがいいでしょう。洗顔にはほかに、火山灰の洗顔フォームなどもあり、これも肌荒れを防ぐためには効果があるでしょう。ワセリンは肌荒れにいいとよくいいますが、寝る前にこれをガーゼに塗ったものをつけるのもいいでしょう。さらに包帯やサポーターなどで固定し寝れば、肌荒れ対策はばっちりです。ハンドクリームやリップクリームは、唇や手荒れを防ぐのには欠かせないものですが、常に持ち歩くようにし、気になったときに使うようにするのも予防になります。
肌荒れがひどくなりやすい冬などに備えて、寒くなる前から予防をするようにすることも大切です。私は病院で肌荒れ対策方法を教えてもらって実践して、最近は肌荒れをしなくなりました。

肌荒れによい栄養素

肌荒れ対策に必要な肌荒れに効く栄養素を紹介します。
肌荒れにいい栄養素のまずひとつは、ビタミンB2です。ビタミンB2は体内の脂質の代謝をよくする働きをするため、これが不足するとそのせいで肌荒れが起きたり疲れ、だるさの原因になったりするのです。ビタミンB2は、食べ物でいうと牛乳、卵、チーズ、そして豚肉、納豆などに含まれています。
肌荒れ対策にいい栄養素のふたつめは、ビタミンCです。ビタミンCが充分に足りていれば、肌の張りが保たれ、しみやシワができにくくなるなどの肌への効果はもちろんのこと、血中コレステロール値が上がらなくなり、ストレスも緩和されるのです。ビタミンCは、柑橘類をなどの果物に多く含まれています。
次に肌荒れ防止に効く栄養素としていいものにビタミンEがありますが、これは活性酸素、過酸化脂質などの有害物質の生成を防ぎ、種実類や植物油に多く含まれています。
肌荒れを防ぐのにいい栄養素に、もうひとつコラーゲンがあります。コラーゲンは皮膚などを結合させる組織の主成分で、ゼラチンやフカヒレなどに含まれています。これら肌荒れによい栄養成分をバランス良く摂ることで肌荒れ対策になります。

Copyright © 2007 肌荒れの原因と対策